理事長ご挨拶

btn_contact

つなぐ

理事長平成29年度の浜松経済クラブは『つなぐ』をテーマに活動していきます。

 浜松経済クラブは、昭和24年11月30日『遠州地方の経済復興は若き我ら経済人の手で!』をスローガンに、浜松商工会議所の支援のもと設立され、平成29年度で68年を迎えます。
 私自身も、この浜松経済クラブに平成15年に入会しました。クラブの活動理念である『自己研鑚』を基に13年間活動をし、自分自身を大きく成長させて参りました。このクラブ活動で得た一番大切な事は、会員相互の親睦を大切にし、何事にも真剣に取り組むことで、先輩・後輩問わず「生涯の友」と呼べる仲間ができた事です。ここにこの浜松経済クラブの素晴らしさがあるのだと感じています。

インターネットの普及により人間関係の希薄化がさらに進んでいると感じる場面が増えましたが、東日本大震災、熊本地震を通して、改めて「face to face」、人と人との助け合い・つながりが重要だと感じています。「人と人とをつなぐ」「地域と企業をつなぐ」そんな活動が今、我々経済団体に求められている事ではないでしょうか。  そこで、私は 

①浜松経済クラブをこの先10年、20年と存続させていけるように、私が諸先輩から受け継いできた良き伝統を後輩につなげていきます。

②浜名湖弁天島花火フェスを通じて、浜松経済クラブと地域社会をつないでいきます。

③発明くふう展を通じて、小中学校と地元企業をつないでいきます。

④浜松経済クラブの例会や各委員会の活動を通じ、クラブ員同士の心をつないでいきます。

一年、人と人とのつながりを大切にしたクラブ活動を行っていきます。


平成29年度理事長 大沼 輝政